犬が正面と横どちらかから近付いてくるかで社交性が分かる?という研究

わが家の愛犬ひなは、本当に人懐っこくて、知らない人にも突撃(目が合った瞬間ひなにとって、その人は「遊んでくれる人」認定で、駆け出します)していきます。

 

突撃という表現がぴったりで、ダダダーと駆け出してジャンプジャンプ。

本当は辞めさせたい動きなんですが・・・。目が合った人にだけ走り出すので、犬って人間をよく見ているんだなぁと感心しています。

そんな折見付けた調査がこちら。2018年にイギリスで行われた実験になります。

>>>https://link.springer.com/article/10.1007/s10071-018-1160-8

 

この実験では、飼い犬の社交性と感受性(視覚情報)の関連性を調査したものです。

 

実験は、

  1. 人間の歩いている姿(正面/側面)などを撮影
  2. そのビデオを16匹の飼い犬を見せる
  3. その後「座っている犬・仰向けになっている犬」、「人間・犬」、「正面を向いた人間・横を向いた人間」の組み合わせをスクリーンへ投影
  4. 犬の反応を観察するという手順で行われました。

 

結果は、

社交性の低い犬は横向きの画像を好み、社交性の高い犬は正面を向いた画像を好む!!

※社交性は飼い主へ行ったアンケート情報

犬は人間の向いている「方向」(というか、人間の視線?)を理解できており、社交性が高い犬は飼い主へ正面からアプローチし、社交性が低い犬は横からアプローチするということ。

うーん、うちのひなちゃんはいつも正面から突進してくるので、社交性が高い犬ということになるのは納得。面白い実験でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です