【長生きを目指すワンコのおやつ】手作りジャーキーを作ってみた




以前、食べるものによって犬の寿命が32か月も変わるという論文を読んでから、食べるものに気を付けるようにしています。

 

自分なりに「なぜ寿命が変わるか」調べてみましたが、今のところ私は

  • ドッグフードに含まれる発がん性物質
  • 水分摂取量

が影響していると捉えています。

 

そのため危険な添加物が含まれていないものを選ぶようにしています。

 

ただ、おやつの成分は確認しておらず。というのも、ひなは体重2.7㎏と小さめなので、一粒が小さいおやつを探すのが第一で(大きいと食べすぎになってしまう)、成分は二の次になってしまうんですよね~

 

というわけで、手作りおやつを作ってみました!!

 

ひなは甘いものはほとんど食べないので、鶏肉のジャーキー!! 鶏肉以外には何も入っていない、正真正銘の無添加おやつです。

 

思いの外柔らかくて手でも小さくできるので、細かくしておやつBOXにいれました。自分で細かくできるので、一回量を調節できるのも便利です。

 

 

作り方(ってほどのものではない)ですが、フードドライヤーを使ったので簡単でした。

 

フードドライヤーを買う条件にしたのが

  • タイマーがある(ほっとくと出来上がるのが理想だったので)
  • 温度調節ができる(肉なのでなるべく高温よかったので)

の二つ。

 

今回購入したのはこの条件を満たしていて、価格もお手頃でした。

 

鶏の胸肉をなるべく薄切りにして並べます。半解凍の状態でスライスするとより薄く切れますが、今回はダイレクトにカット。

 

3段で蓋をして・・・

 

実際トレーはもっとありますが、使っている分だけで蓋をできるのが便利

 

説明書を読まなくとも作動されられるくらいシンプル。70度で10時間でセットしました。

 

 

あとは待つだけ!!

周囲は多少熱くなりますが、やけどする程ではありません。ただし、こちらの商品はコードが短いのが難点。コンセントの近くか延長コードがないと使えないのが難点です。

 

10時間でこんな感じ!! ずいぶん小さくなる~

 

恐らくワンコならこれでもう食べられる状態だとは思いますが、菌などが怖いのでオーブンで150度20分しておきました。

 

私も味見してみましたが、味付けしてないのに旨味が凝縮されている感じ~。噛んでると旨味がでてきます。

 

ひなにもあげましたが、大興奮で食べていました。あんまり欲しがるので、一回量をほーんのちょっとにしてます。簡単にちぎれるのも手作りの良さです。

 

 

思いの外簡単にできたので、次はお魚ジャーキーにも挑戦してみたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です